Roomplan 新しい住まいは、エコな暮らしがコンセプト。住空間の快適さや機能性はそのままに、よりエコに暮らせる住まいのデザインを新開発。11戸の住まいをA・B・Cの3つのエリアに分けて配置し、それぞれに異なる個性を持たせました。

3つのエリアの特徴がそれぞれ異なります。Aエリア(1〜4号棟)Bエリア(5〜8号棟)Cエリア(9〜11号棟)

B-area 電気・ガスによるエネルギー供給/【設計・施工・監修】株式会社横河設計工房・奈良建設株式会社/Bエリア設計・デザイン監修/建築家 横河 健

Bエリア街並イメージイラスト

1.家族と地域をつなぐ「通り土間」 玄関からみんなの庭へとそのまま通り抜けできる「通り土間」は、家族と地域住民を結びつけるコミュニケーションスペースです。全ての住戸に「通り土間」を計画、積極的に外に出たくなるような生活環境を計画しています。
2.中からも外からも良い眺めをつくる 矩形の平面、方形の屋根をもったシンプルな家型の佇まいは街並に自然に馴染みます。その外形を活かした一室空間に、既存樹木や高台の眺めを望むことの出来る開口部をつくることで、中からも外からも「良い眺め」をもった心地よい住環境をつくり出しています。
3.水まわりと外壁がつくるシンプルな構造 キッチンや浴室など水まわりを中心として回遊できるプランは、つながりのある内部空間でありながら、構造体の一部とすることで、外壁と共にシンプルな構造形式となり、無理なく安全性を確保しています。

「通り土間」採用!みんなの庭へ通り抜けができる「通り土間」が魅力のBエリアの住まい。自然と外に出たくなる動線設計によって隣近所とのコミュニケーションも深まります。

AエリアBエリアCエリア

【全体計画】
■マスタープラン企画・監修
ナイス株式会社/岡山建設株式会社/小林克弘 首都大学東京 教授
飯田善彦 横浜国立大学大学院 建築都市スクールY−GSA教授/株式会社飯田善彦工房
■協力
宇野健一 アトリエU都市・地域空間計画室/杉浦榮 S2 Design and Planning

※掲載の概念図やイメージイラストは図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。
 植栽は特定の季節の状態を示すものではなく、竣工時にはイメージイラストに描かれているように成長していない部分があります。
 また、外観形状の細部(アンテナや設備機器、雨樋等)及び敷地周辺の建物、電柱、標識等は表現上省略しています。
※掲載の間取り図は設計図を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。施工等の関係で変更になる場合がございます。詳しくは設計図でご確認ください。
※外構の石・タイル等はおおよその施工範囲を示したものです。

▲このページのTOPへ戻る

だつおんくんレポートはこちら横浜市HPへのリンクはこちら